心にかかるストレスを軽減|うつ病を完治させるために必要な治療

婦人

うつ病への対処方法

ウーマン

うつ病を患っている人は、他の人よりも心が繊細で傷つきやすい状態になっています。今までは何ともなかったようなことでも、深く傷ついてしまうことがあります。うつ病に対して、気の持ちようや、甘えているのではないかという考えは、ガソリンの入っていない車になぜ走らないんだと言っているのと同じことです。心のエネルギーが空っぽの状態では、今までのように過ごすことも難しくなり、そして一番に本人が苦しい思いをしていることを忘れてはいけません。うつ病の一番の原因はストレスです。ストレスの負荷で脳の機能が弱ってしまい、うつ病を発症してしまうのです。うつ病を発症してしまう程、1人で頑張り続けてきたといえるでしょう。そのためうつ病を患っている人には、頑張ってという言葉が本人にとっては、これ以上頑張る必要があるのか、という捉え方になることがあります。本人は励ましのつもりでかけた言葉であっても、その言葉がストレートに届かないこともあることを理解しましょう。うつ病を患うと、脳への伝達物質のバランスが乱れてしまいます。そのため、物事の優先順位をつけることが困難になることがあります。そのため、頑張ってなどと励まされると本人は何を頑張れば良いのかわからなくなり、混乱したり周囲の期待に応えることができないと、自分を責めるきっかけになる場合もあるのです。また、うつ病を発症する原因は1つだとは限りません。様々な要因が重なり合うことで発症する病気で、本人であってもその原因を自覚していないこともあります。うつ病になった原因を探るよりも、これからどうやってうつ病改善を目指すかを考えることが大切です。

家族や友人がうつ病を患ってしまった場合、リフレッシュさせたいと、遊びや買い物に誘おうと考えることもありますが、時としてそれが逆効果になることもあります。気晴らしにと外出や食事に誘っても、うつ病を患っている人の場合、脳が上手く機能していないこともあり、楽しいと感じることができないことがあります。そのため、せっかく誘ってもらったのに断ることが失礼だと感じてしまったり、断ることで心配をかけてしまうのではないかと心や体に負担をかけてしまい、症状の悪化を招くこともあります。本人からの希望がない限りは、無理に外に連れ出すのではなく落ち着ける環境で、十分な休息を取ることを優先させましょう。症状が回復していけば、自ら外に出ることを希望するなど、本人の意志を尊重してあげましょう。少しずつ、焦らずうつ病を改善していきます。