心にかかるストレスを軽減|うつ病を完治させるために必要な治療

婦人

小さなサインを見逃さない

医師

もしも、自分ではなく家族がうつ病になってしまった場合はうつ病のサインを見逃さないことが大切です。うつ病というと特別な病気だと感じてしまう人も多いですが、そんなことはありません。現在日本人の13人に1人がうつ病であるといわれています。またうつ病は、他の病気よりも発症率の高い病気とされていて、以前よりも身近な病気といえるでしょう。うつ病は、本人の苦しみを周囲が理解しにくい特徴があります。うつ病を患った人は、家族や職場、周りの人たちに迷惑をかけまいと1人で抱え込んでしまう人も多くいます。しかしそうやって一人で抱え込んでしまうことで、ストレスが心に蓄積されていき、やがて症状の悪化へも繋がってしまいます。そのため、うつ病は家族や職場、周りの人たちの理解が何よりも必要なのです。周囲の人がうつ病に対して理解があるのとないのとでは、うつ病を患っている本人にとっての心の余裕が違ってきます。また、うつ病の治療は早期発見が大事なカギとなります。周囲の人が、その人の変化やうつ病のサインに気付くことにより改善へのきっかけになるのです。家族の口数が減った、表情が暗くなったなど、些細なことではありますがそのような変化が、うつ病のサインになっている可能性があります。誰しもうつ病になる可能性はあるので、まさか家族がうつ病になるわけがないという考えは捨てて、一言声をかけるなど、小さな変化やサインを見逃さないようにしましょう。うつ病のサインは2種類あり、心と体のサインです。心のサインは、悲観的になる、楽しいことも億劫に感じる、特に理由がなくても落ち込んでしまうなど、ネガティブな考えになってしまうことです。また、体のサインは食欲の減退もしくは過食、不眠や原因不明の体調不良が長期間続くことなどが挙げられます。家族であれば、生活を共にしているので小さな変化にも気付くことができるでしょう。また、職場で見られるうつ病のサインとして遅刻や欠勤、仕事の効率が悪くなる、またミスが増えるなどといった仕事への影響が挙げられます。さらに、周囲との会話が減り、1人でいることが多くなるなど今までと違和感があることがあれば、うつ病のサインかもしれません。

うつ病を患うと、心がとても不安定な状態になります。大切な人がうつ病になってしまった場合、早く治って欲しい、回復してほしいと考えるのは当たり前のことだといえます。しかしうつ病の治療は長期的な治療が必要であり、焦っては逆に悪化してしまうこともあります。うつ病を患った人にとっては、小さなことでもかなりのダメージとなることもあるので、周囲の人は本人の意志を優先し、気持ちを押し付けず見守ることが大切なのです。